うつ病によっても種類が違う!早期に相談することで発症を食い止める

サインを見落とさないため

男性

正しくサインを発見しよう

眠れず、食欲も出ず、一日中気分は落ち込むことは誰もがたまにはそんな状態になることはあります。しかし、そんな状態が長期間に渡って続き、それに加えて何をしても楽しめないことまで続くことは異常な状況です。うつ病の可能性が考えられます。うつ病とは、過度な精神的ストレスや身体的なストレスを受け続けることで脳の機能障害が発生していることを言います。脳の機能がうまく動かないため体を思うように動かず、元々気が沈んでいる状態でさらに失敗が重なり、その結果さらに悲観的な思考に囚われていきます。普段なら気にならないストレスを受容できないくらい深刻に感じられてしまい、さらに状況が悪くなる悪循環に陥ってしまいます。ただし、脳の機能障害のため自分の気の持ちようで状態を打開することは不可能になります。専門の医療機関を受診して、適切な治療を受けなければ深刻な事態を引き起こすリスクは跳ね上がります。ただ、うつ病になった人は「自分がそんな病気になることはありえない」とか「甘えだから我慢しなければいけない」などの思考に囚われやすくなります。うつ病のチェックをすることで、気分の落ち込みの原因や過剰な労働からの負担を突き止めることができます。あくまでも、自分で行うチェックなので専門医の診断を代替する物ではありません。しかし、深刻な事態に陥る前にセルフケアの手助けになります。原因が明確になれば、ストレスの原因に直接アプローチをして対策をたてることでストレスを軽減につながります。また、ストレスから生じた不快な気分を解消するために気晴らしをすれば、これも気分転換につながります。完全に精神的・身体的なストレスをなくすことが不可能なことです。仕事がストレスなので仕事を辞めたとしても家に引きこもりことで別の種類のストレスに晒されます。そこで、うつ病のセルフチェックを行い、自分のストレスの原因を明確にし、その状況を軽減することでなんらかの方法を取ることを習慣にする必要があります。セルフチェックをすることで、セルフケアの手法を身につけ現代社会を快適に過ごせるようにしていきます。これができるだけでもうつ病のリスクは下がっていきます。