うつ病によっても種類が違う!早期に相談することで発症を食い止める

病院へは行きたくない心境

医者

病気と気づかない本人

誰もが、自分がうつ病にかかりたくないと考えるものでしょう。ですが、十分に睡眠時間を取った朝でも、起きてみると体が重いとかだるいという症状が出たり、この症状が毎日続いたりするなどとなってくると、うつ病の入り口かも知れませんので注意が必要です。更に嬉しいことがあっても素直に喜べないとか、楽しいはずの友人との集まりも気乗りしないなどの症状が出てくると危険信号が灯ります。そして仕事にも力が入らない、食事が食べられない、睡眠不足になってきたなどの症状が出てきた時には、うつ病と考えても良いでしょう。そんな状態に陥った時は、早めに診療内科などの病院へ行くことをお勧めします。よく勘違いされることに、精神病という観点から、神経が侵されたと考える人がいますがうつ病は心の病と体の病が重なったもので、内容には大きな違いがあると知っておくべきです。ですから、うつ病になったとして病院へ通うことや入院して治療することは、決して恥ずかしいことではありません。周囲に配慮する気持ちや、優しさを持っている人がかかりやすい病気と考えて、早めに診断を受け、治療にかかると良いでしょう。時代の流れから繊細な人が増えたのか、優しさを重んじる人が増えたのか、周囲との軋轢を感じ家に引きこもる人が多くなっています。更には引きこもるだけでなく、落ち込んでしまい仕事や学校へ行きたくないと考える人も増えています。食欲不振や睡眠不足に陥ってしまい、うつ病までになってしまう人が多くなりました。単純で終わっていた時代から、複雑で付き合い方にも配慮がいる時代、気を使い過ぎて心や体まで病んでしまうのです。本人は、うつ病とは気が付かないことも多いのですが、周囲の人はそれとなく判るはずです。ですがそんな時大きな声を上げて、病院へ行こうと言っても無駄なことです。本人から、大きな抵抗を受けることになるからです。そんな時は症状をキツイ言葉で話すのではなく、優しく判断が出来るよう丁寧な言葉使いをもって、本人のために症状の説明をすると良いでしょう。自分の症状が少しでも理解出来ることで、病院へ行くことも納得出来ることになります。無理やり病院へ連れて行くのではなく、本人に納得させてから病院へ足を運びましょう。もし、治療のため入院となった場合でも急ぐことなく、本人のペースを保たせ回復を待つのが、周囲の人の役目でもあります。