うつ病によっても種類が違う!早期に相談することで発症を食い止める

神経症か精神病か

カウンセリング

キョリを上手に保って

うつ病には、神経症といって精神病ではない精神疾患の範囲に入る病気と、精神病の範囲に入る病気があります。大半のケースは、前者で、抑うつ症などと診断されます。神経症の範囲でも、精神病の範囲であっても、初期症状はほとんど同じですが、うつ状態を発生する原因が異なるというのがポイントです。神経症圏のうつ病であれば、原因はあくまでも心の問題です。そのため、必ず深刻な悩みが、問診により判明するので、治療方針が非常に立てやすい病気になります。一方で、精神病に該当するものは、原因が心ではなく、脳内の神経伝達物質や遺伝的な要素です。あらゆるものに対する意欲が失われ、喜怒哀楽の感情が全くなくなります。食欲がなくなり、不眠、極度の疲労感などの症状が激しく現出します。両タイプに共通しているのは、いずれも生命力の衰退です。そのため、家族や周囲の人は注意が必要です。また、神経症の範囲内であれば、地域のクリニックを受診するのに適しています。逆に精神病の範囲内であれば、地域の中核となる比較的大きな病院がよく、入院施設があるところが安心です。どちらのうつ病であっても、予防することは可能です。50人以上の職場では、年に一度はストレスチェックをおこなうことが義務付けられています。うつ病の発症要因になりやすいストレスと向き合うことができるので、予防の一環として活用するようにします。もし、ずいぶんとストレスを感じているようなら、産業医やメンタルクリニックなどに、早期に相談することで発症を食い止める、あるいは軽症ですませることも可能です。そして、職場では人間関係のストレスを感じている人は少なくありません。人との関係には、キョリの取り方が重要です。最も近いのが、家族や恋人、親友、次いで夫の家族や職場の上司や同僚などです。キョリの離れた人は、親戚やご近所などになります。最もキョリの近い人との関係が良好であれば、ほかの人間関係でトラブルがあっても、心身の健康を保つことができるとされています。近い人と問題が生じたときには、その都度解消して、親密さを回復させておくことが大事です。孤独な人ほどうつ病に近いといわれるので、近距離の人との関係性を保っておくことが重要です。

男性

じっくり付き合える関係

医療機関の選び方1つこだわるだけで、医師と患者が力を合わせて、症状を早い段階で改善させることができます。初めてその医療機関を受診する時、加えて、うつ病の治療を始める時、大事なことは相性であり、信頼できる関係でもあります。

詳しく見る

看護師

カウンセリングを含む治療

うつ病は、早期発見した後、早いうちに治療を行うことで社会復帰も可能になります。そのためには、患者自身が気を付けなければならないことも多々ありますし、それを納得させるために、主治医は説明する義務があります。

詳しく見る

男性

サインを見落とさないため

うつ病は脳の機能障害のため日常生活に支障をきたす状態を言います。長期間に渡ってその状態が続くことで憂鬱な気分が続きます。正しい知識を得る必要があります。セルフチェックをしてストレス発散の方法を身につけ、快適に生活するスキルにすべきです。

詳しく見る

医者

病院へは行きたくない心境

症状を理解しているようで理解していないことが多いのが、うつ病です。本人は、病気と考えていないことが、大きな問題となります。そのため病院へ足を向ける工夫をする必要に迫られます。丁寧に症状を説明し、納得させて治療に当たるべきです。

詳しく見る

診察室

無料で相談できます

うつ病は精神科や心療内科で治療を受ける事ができますが、かかりつけの内科でも受診する事が可能です。うつ病は完治できるまでの期間や費用に個人差がありますが、支援制度を利用すれば費用の負担を抑える事ができます。

詳しく見る

人気記事

男性

じっくり付き合える関係

医療機関の選び方1つこだわるだけで、医師と患者が力を合わせて、症状を早い段階で改善させることができます。初めてその医療機関を受診する時、加えて、うつ病の治療を始める時、大事なことは相性であり、信頼できる関係でもあります。

詳しく見る

看護師

カウンセリングを含む治療

うつ病は、早期発見した後、早いうちに治療を行うことで社会復帰も可能になります。そのためには、患者自身が気を付けなければならないことも多々ありますし、それを納得させるために、主治医は説明する義務があります。

詳しく見る

男性

サインを見落とさないため

うつ病は脳の機能障害のため日常生活に支障をきたす状態を言います。長期間に渡ってその状態が続くことで憂鬱な気分が続きます。正しい知識を得る必要があります。セルフチェックをしてストレス発散の方法を身につけ、快適に生活するスキルにすべきです。

詳しく見る

医者

病院へは行きたくない心境

症状を理解しているようで理解していないことが多いのが、うつ病です。本人は、病気と考えていないことが、大きな問題となります。そのため病院へ足を向ける工夫をする必要に迫られます。丁寧に症状を説明し、納得させて治療に当たるべきです。

詳しく見る